パピーレストランリブのバイトの評判と口コミ!大変できつい仕事内容とは

スポンサードリンク

パピーレストランリブ (総社店)でのバイトの体験談です。

 

私は、学生の時にいくつかバイトをしていました。

 

主に飲食店や採点のバイトをしていましたが、その中でとても大変に感じたのはある飲食店でのバイトでした。

 

その飲食店は、パピーレストランリブ総社店です。

 

パピーレストランリブは、和食や洋食、中華、少し豪華なランチも扱うレストランでした。

 

また、レストランの他に、隣に喫茶店もあり、レストランで働くメンバーがローテーションで働いていました。

 

その喫茶店では、パフェやピザやピラフなどを扱っています。

 

パピーレストランリブのバイトは何が大変かというと、とにかくメニューの数が多いので、料理を提供するときに間違えそうになることでした。

 

キッチンの人が料理を作ってカウンターに出してくれるのですが、それを手際よくお盆に乗せていかないといけません。

 

スポンサードリンク

 

その時に、タレの皿をつけたり、漬物をつけたりしますが、メニューによって違うので覚えていないといけません。

 

もたつくととても怒られるので、緊張しました。

 

パピーレストランリブは、土日のお昼の時間帯などはとても混雑するので、次々にメニューをセットしてお客さんに持って行かなければいけません。

 

また、その作業をしながら、レジにお客さんが来たら食券を販売しないといけません。

 

色々なことを同時にこなさないといけないので、とても大変でした。

 

また、昼の忙しい時間帯が終わると、喫茶店に行って働くことになります。

 

レストランと喫茶店ではメニューも全く違うし、ホールも一人しかいないので、忙しい時にはとても大変です。

 

また、この喫茶店のキッチンの設備は限られていて、ピザを一度に一枚しか焼けないので、ピザの注文がたくさん入るとお客さんから、遅いと言ってクレームをつけられることもありました。

 

その対応もなかなか大変でした。

 

私は、パピーレストランリブにバイトで入ってから半年くらい経つと、だんだんと要領がつかめるようになってきて、店長から怒られることも減りました。

 

パピーレストランリブでバイトをする上では、優先順位をつけることと、慣れることが大切だと実感しました。

 

スポンサードリンク