マックスバリュのバイトの口コミと体験談!大変に感じたこととは

スポンサードリンク

私は以前、秋田県横手市にあるマックスバリュ十文字南店でバイトをしていました。

 

マックスバリュ十文字南店は、とても好きな職場だったのですが、バイトをする上で苦労したこともありました。

 

例えば「方言」です。

 

私は関東出身で、こちらのマックスバリュでバイトを始めた頃は、秋田県に引越してきて半年ちょっと経った頃だったかと思います。

 

秋田弁には少しずつ慣れてきていたものの、やはり聞き取れないことがよくありました。

 

会話の流れをなんとなくつかんで付いていくことができることもありましたが、全く話題すらわからないこともありました。

 

マックスバリュ十文字南店は、職員のほとんどが地元民で、もちろんお客さんもほぼ地元の方です。

 

最初は、これで秋田弁も少しは覚えられるかなと気楽に構えていたのですが、そんな生ぬるいものではありませんでした。

 

マックスバリュでバイトをを始めてから、私の秋田弁の能力を上げることが急務になってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

まず、職場の先輩達からの指示が聞き取れません。

 

特に混雑時などは、職場は戦場状態になります。

 

そんな時に指示が聞き取れなくてもたついてしまって、本当に申し訳ないと思いました。

 

またお客さんから何か尋ねられても聞き取れず、同僚に代わってもらわなければならないことが度々ありました。

 

状況を改善するために、バイトの空き時間にできるだけ秋田弁を勉強するようにしました。

 

一回覚えてもまた忘れてしまうので、バイト中はずっと小さいメモ帳を持ち歩いて書き留めました。

 

同僚達も、いつも快く教えてくれたので助かりました。

 

その結果、数ヵ月後には、以前と比べてだいぶ聞き取れるようになりました。

 

また間違えても気にしないで、良い勉強の機会と見るようにしました。

 

お陰でマックスバリュ十文字南店の同僚ともさらに親しくなれましたし、以前より楽しくバイトできるようになりました。

 

スポンサードリンク